*告知や広告・ランキングバナー等に(変更&削除はHTML編集で直接出来ます)*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

熱海のお土産は蒸しパンと豆パン。布袋屋&ナチュラル@熱海

熱海のお目当てFOOD→『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』

旅行に来たら、自分へのお土産はやっぱりパン。

まずは蒸しパンで有名な布袋屋さん。
前は路面店だったみたいだけど、今はマックスバリューの中にある。


▼いろんな味の蒸しパンだらけ。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

めちゃいっぱい!!
お店には15種類くらいあって、選ぶのも迷う。


▼チーズ蒸しパン。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

クリームチーズがぐるぐるに練りこまれてる。


▼こちらは黒ごま。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />



布袋屋さんの蒸しパン、あんまり甘くない。
だからベトベトにもならないし、結構軽く食べられる。
(でも一個は大きいからおなかいっぱい。)


▼ナチュラルの豆パン。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

熱海銀座にあるベーカリー喫茶(?)のナチュラルさん。
あまりにパン屋の雰囲気ではないので、お店の前スルーして迷っちゃった。
豆パンがここの名物。
なんせこの豆の量


『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

お豆が生地に入りすぎて、袋のなかにぼろぼろ溢れてるよ。
にしてもこの豆パン、生地がふんわりやわらかくって美味しい。
ちょいと甘めのお豆もたっぷりで、どこから食べても豆だらけ。


▼ナチュラルのオレンジブレッド。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

もうひとつの名物はオレンジブレッド
これは一本買いのみ。


▼カットするとオレンジの香りがふわ~。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

生地もふんわり、オレンジの香りもふんわり。
少しトーストしてもさくっとして美味しい。


▼ホテルミクラスのお土産はパジャマ。
『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

そういえば、ミクラスでお土産買ってもらった。
パジャマ(笑)
このパジャマ、お部屋で着たけどめっちゃ気持ちよくって、
着心地も良いからリラックスできる。
ちょっとこういうお土産もいいよね


さて、これで本当に熱海の旅はおしまいだ。
すごくリラックスできた素敵な旅行でした
ミクラス、熱海旅行にしてはだいぶ予算オーバーな感じだけど、
それだけ支払っても安いと感じさせるくらい満足できた。
また花火の日に来たいな~



『熱海のおみやげもやっぱりパン
なあなた、クリックお願いします★

『布袋屋の蒸しパン』『ナチュラルの豆パン』<br />

スポンサーサイト
 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

えびちゃんあふれるかき揚げ蕎麦。利休庵@熱海

温泉旅行ではおいしいお蕎麦とえびちゃんで。利休庵@熱海

熱海の旅の最後の食はお蕎麦。
→リゾートホテルステイの写真はコチラ


▼ミクラスからすぐ近くにある利休庵。
利休庵@熱海



▼店内は意外と広々。
利休庵@熱海

座敷やテーブル席、カウンターもあったりする。


▼ざるそば。
利休庵@熱海

しってる?
『ざる蕎麦』は海苔あり、『もり蕎麦』は海苔なし。
だからちょびっと『ざる蕎麦』の方が高い。


えびちゃんたっぷりのかき揚げ。
利休庵@熱海

熱海で取れたえびちゃんをたっぷり使った、さくっさくのかき揚げ。
すごいサクッサクと軽い食感で、お塩でさらりと食べれちゃう


▼野菜の天ぷら。
利休庵@熱海

さつまいもがほっくりしてて美味。
どうして天ぷらのさつまいもはこんなに甘いんだろう。


▼最後は蕎麦湯で。
利休庵@熱海

とろりんとした蕎麦湯。
普通はもっとさらりとしてるよね。
そばつゆにたっぷりいれると、とろみがいい感じに美味しい。


もう満足すぎる熱海旅行
あ、でもお土産まだだった。
もうちょっと熱海旅行にお付き合いください



『さくっとえびちゃん大漁発生中
なあなた、クリックお願いします★

利休庵@熱海

 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

光差し込む朝ごはん@ホテルミクラス

太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

満足続きのミクラスステイ
2日目の朝は窓際の席で。


▼まずは、水菜とリンゴのジュース。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

青汁を連想させる色。
だけど、リンゴのおかげですごく飲みやすく美味しい
こんな野菜ジュースだったら、毎日喜んで飲みますっ。
フルートでね
↑シャンパングラス。


▼お野菜やドリンク、パンはビュッフェスタイル。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

やっぱりお皿が素敵だ。
ま~るいボウルにはドレッシングや、色とりどりトマトが入っていて、
光が当たる真っ白なお皿に映えてキレイ。


▼朝ごはんは野菜をたっぷり。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス



▼アップルパイやクロワッサン。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

このアップルパイはまわりにザラメ糖がついてて、食感よくてオイシイ。


▼ソーセージはめっちゃでかい。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

ナイフを入れると中からジュワッと肉汁が。。
結構大きいけど美味しくって食べちゃった。


▼スクランブルエッグの白トリュフソース。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

とろっとやわらかな卵さま。
朝はこうでなくっちゃ。


▼シリアルもなんだかカワイイ。
太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

外国のシリアルかな、ゴツゴツしてて、クッキーがたまにあったりで楽しい。
ミルクをたっぷりかけて。


はー、朝から満足なごはん
こんな朝食が好きなんです、わたし。
東京でもホテルの朝ごはんとかもっと行きたい!


さて、すっかり自分の部屋のようになじんでしまったミクラスともお別れして、
熱海をふらっとして、お昼ごはんでも食べて帰宅しよう。
あ、その前にお目当てのいろいろを買っていかなきゃ。

熱海名物はまた今度



『素敵な一日は朝食からはじまる
なあなた、クリックお願いします★

太陽の光が差し込む朝ごはん @ホテルミクラス

 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

鮑にトリュフ・・・高級食材をフルサービスで楽しむ今宵のディナー@MICRAS Dining

MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

おっと、あまりに多忙で更新がパタッと・・・

熱海の高級リゾートホテル「ミクラス」のお部屋やお風呂の写真は→コチラ

さて、お楽しみのミクラスディナー。
予約はチェックイン時に18時か20時かを決める。

※ちょっとコメント控えめに、お料理の写真をお楽しみあれ。


▼窓際のお席からは満月が。
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

花火の日は目の前に花火が見える。


▼テーブルセッティングも本格的。
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

これから始まるフレンチフルコース。


▼讃岐コーチンと静岡産肉厚しいたけと国産有機ジャガイモの3枚仕立て
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

名前が長い・・・
ソースは甘辛のソースとアンチョビのソース。
デコレーションがスイーツみたい。


▼新鮮魚介のサーモン包み 手まり仕立て鮮やかなベトラーブのムーステリーヌと
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

ころんとしててカワイイ。
下のピンクのソースは桃ソース。

▼エステパン。
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

エステパン?
ベリーと胡桃の入ったパンや、ごまパン。

MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

エステパンはオリーブオイルとお塩で。
奥のはなんと白トリュフのオリーブオイル
ちょっとつけるだけで、すごい香りがパンにうつる。


▼初島の夕暮れ ハイビスカス風デュイルと共に。
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

ピンクの丸いのがハイビスカスのゼリー
ビシソワーズ風の上の層と、ジュレのような下の層。
なんだったかは忘れちゃったけど、すごいおいしかった。


▼活鮑とフランス産3種茸の仲間たちブルゴーニュスタイル 松茸のエッセンス
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

グツグツおいしそうな泡が
肉厚鮑のまわりには、きのこ味がすっごい濃いきのこたち。
スーパーのきのこと比べてはいかん。
上にはシュー生地のはっぱ。


▼静岡産生山葵のグラニテ
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

お口直しのグラニテ。
なんとワサビ!!
ちょっと半信半疑の中ぱくっと食べてみると、ちょっとピリッとするけど、
かるい甘さがひんやりと広がって、お口直しにはぴったり!
ワサビ嫌いだけど、これはすごく良かった。


バルバリー産鴨胸肉のロティソースヴァントゥー秋沙見立て
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

もうここまででだいぶ満腹。
鴨胸肉の上には・・・黒トリュフ!
こんな厚みのトリュフは初めて。
でも正直、庶民のわたくしにはおいしいとは思えませぬ。

鴨には胡麻がまぶしてあって香ばしい。
甘めのソースも鴨に良く合う。


▼スイーツ3種
MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

ブランマンジェ、柿のジェラード、チョコレートと栗のムース。
どれもすごい美味しくって、おなかいっぱいだけど量もちょうど良く食べれた。
盛り付けもすごい気を使っていて、器のこだわりも好き。



・・・と、だいぶ満足なディナーを3時間かけて満喫。
お料理は食材も良いものだし、盛り付けもキレイで見てるだけで楽しめる。
食器とカトラリーも立派だしね、背筋がシャンとする。

何より素晴らしいのはサービス。
お料理を盛ってくるタイミングとか、お料理の説明とか、気配りとか、
すごく目が行き届いているかんじ。

そういえば、初めてワインのボトルをあける時にテイスティングした。
たまにはちょっと背伸びして、こういったフルサービスを受けるのもすごく良いなと思った。
まだ高級食材の味の良さがわからなかったりもするけど、
良いものに触れないと、どんどん鈍ってしまうしね。

さて、もう一度お風呂でも入って、明日の朝ごはんを楽しみに眠りましょ。



『高級食材をフルサービスでマンキツ
なあなた、クリックお願いします★

MICRAS Dining @熱海ホテルミクラス

 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

熱海の海をひろび~ろ一望できる展望露天風呂@ホテルミクラス

おいしいグルメblogランキングへコチラ

熱海の海をひろび~ろ一望!展望露天風呂@ホテルミクラス

エントランスも満足、お部屋も満足、次はお風呂だ。
女性用、男性用の展望露天風呂は別の階で、8階と13階。
なぜ女性のほうが下なの?ってちょっと疑問。

→素敵なエントランスお部屋のPhotoはこちら。


▼8階へと降り立つとスパの入り口が。
ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂

今回は行けなかったけど、ここのスパ『Spa the Ceada(スパ・ザ・シーダ)』も人気。
予約でいつもいっぱいになっちゃうんだって。


▼展望風呂へ!!
ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂

逆光でやっぱり海が撮れない、
ほんとに開放的なお風呂
開放的過ぎて、油断すると海岸の人から見られるんじゃないかくらい。
お風呂の奥には休憩チェアが。


▼反対側もこんなに広々とお風呂。
ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂

そう、このお風呂、めちゃ横長。
もともとそんなに客室数もあるわけではないので、
お風呂がごった返すことなんてないけど、
ちょっと集中したってまだまだ広々くつろげる広さ。
奥には寝湯もあるのよ。


▼あまり入る人はいないけど、内湯もある。
ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂

意外なくらいに広すぎる内湯。
でもみんな露天風呂に行くよね(笑)
内湯の置くにはミストサウナ


▼お風呂あがりは上の階で海を見ながらゆったり。
ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂

ついつい長湯しちゃってぐったりしつつ、お風呂の上の階へと階段をのぼると、
そこにはパウダールームと休憩スペース
海側にはソファがあって、深く腰かけると海岸さえ見えなくなって視界には海一色[emoji:v-352
うまく計算されてるな~っておもう。

他にもね、パウダールームの鏡の確度がおそらく計算されていて、
鏡越しに自分の後姿が見えるの。
(意味わかるかなぁ。)
普通は自分の真後ろの姿って、鏡の正面に座っちゃうと見えないけど、
ミクラスは鏡に角度がついているから後姿までバッチリチェックできる!
これに気付いた時はほんのりうれしかった

ミクラスには他にもちょっとしたビックリと感動があって、
へーへー、って思えることがいっぱい。
そういうのを探しながらってのもちょっと楽しい


そんな海一色のソファでうたたねをしてから、お部屋に戻ってまただらり。
一眠りしたら3階のダイニングでアンチエイジングディナー

さて、眠りのあとはまた明日



『熱海を一望、広々スパ的展望露天風呂
なあなた、クリックお願いします★

ホテルミクラスの熱海を一望展望露天風呂


 » CATEGORY:@熱海 » CO:1 » TB:0 

東京モダンホテルのオーシャンビューなスーべりアツイン。ホテルミクラス@熱海

ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

東京モダンなホテルの続き。
素敵なエントランスとエレベーターを経て、
たどり着くはこんなお部屋
→素敵なエントランスのPhotoはこちら。


▼スーべりアのツインルーム。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

ツインのベットプラス、ちょいっと座れるイスじゃないしソファでもないし、
でもベットでもないようなこの子。
結構いいわ
クッションもたくさん。


もちろんオーシャンビュー。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

逆光で海は見えないけど・・・。
窓際にも実はソファが。
ここのソファに腰かけながら、ビールを飲んだりアイスを食べたりしながら海を眺める。
う~ん、幸福な休日


▼窓際のソファにはVOOSのお水が
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

このお水、インテリアショップとかでよく見かける。
(お水なのにインテリアになっているスゴイヤツ。)

ただお水の味の違いがわからない、舌足らずなワタシ。。



▼部屋のかどっこにはアジアンな照明。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

この丸っこいヤツかわいいの。
夜はこれだけつけると癒しの照明空間に・・・


▼ティーポットとカップはWEDGWOOD
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海




▼テレビは薄型プラズマTV。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海



▼電話もインテリアショップでお見かけするカッコイイヤツ。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

家を出たら家電はカッコイイのにするぞ!と思いつつ、
家を出るつもりはまったくございませんが何か?


▼お部屋にはシャワールームだけ。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

だって上には展望露天風呂があるんだもの。
必要ないわっ


▼VOSS越しに見る海。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

なんじゃこりゃ(笑)


▼お水まわりももちろん清潔感たっぷりできれい。
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

鏡もふたつ、女性二人にはうれしいよね。


▼アメニティはフランスから来た人気ブランド『ロクシタン』
ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

シャンプー・コンディショナー・ボディソープ・石鹸は全部ロクシタン。
香りが強くって自分では買わないけど、旅行の時は違う気分になれていいよね。


もう何はともあれ素敵なお部屋
こういうシンプルなんだけど、ディティールにこだわっていたり、
ちょっとイイもの使っていたり、っていうのがすごく好き。
こんなお部屋欲しい~。
だれか東京にこんなお部屋くれないかな


さて、アンチエイジングディナーの前に、
次は展望風呂から快晴熱海の海を一望。
また明日ね。


『東京にもほしいモダンなお部屋が熱海に
なあなた、クリックお願いします★

ホテルミクラスの素敵なお部屋 @熱海

 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

熱海なのに東京モダンなリゾートホテル。ホテル ミクラス @熱海

ホテル ミクラス @熱海

熱海での贅沢旅行。
何が贅沢なのかって、お泊りのホテルをリッチにしてみたのです

熱海では唯一(?)の高級リゾートホテル。
熱海サンビーチが目の前という最高のリッチ立地!
まわりの旅館とか古びたホテルから、めちゃイイ意味で浮いている。


▼外観はグレーと白で東京モダンを感じさせる。(ここ熱海だけど)
DSCF2126.jpg

かなり期待できる外観!
やっぱりホテルはまず見た目ですよ。
見た目が素敵だと旅のウキウキ感が一気にアップ

▼入り口は・・・どこだ?
DSCF2123.jpg

「ここから入っていいのかな??」
っていうようなシンプルすぎるわかりにくい入り口。


▼エントランスへの扉を1枚、2枚・・・
DSCF2124.jpg


扉が開いてしまえば、視界が開けて、上には青いぶくぶく
(よ~く見ると水槽みたくなってて、泡がシュパ~って出てる)
つまりおしゃれレストランのエントランスにありそうな感じヨ。

▼エントランスには素敵なお花とロビー
DSCF2122.jpg

期待通りめちゃキレイっ
フロントの方はすごく丁寧で気持ちのいい接客をしてくれる。
自然と背筋がしゃんとする。

ウェルカムドリンクもここでいただける。
お酒がOKな人はスパークリング、ダメな人はソフトドリンクを
私たちはもちろんスパークリングで喉もすっきり潤してから、さてお部屋へ。


▼エレベーターで6階のお部屋へ。
DSCF2121.jpg

間接照明と白とブラウンがもう好みすぎる
こういう色と雰囲気おちつくわぁ。
こういうおうちに住みたい


さて、私たちの休日を素敵なものにしてくれる(であろう)お部屋へ
ウキウキしながら一歩一歩向かう。

・・・お部屋の様子はまた明日

この旅日記はもったいぶっていきます(笑)


『東京ホテルはシンプル&モノトーン
なあなた、クリックお願いします★

HOTEL MYSTAYS@御茶ノ水


 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 

夏の終わり、熱海旅行の始まりは海鮮丼から。まさる@熱海


おいしいグルメblogランキングへコチラ

まさる熱海

お久しぶりな美味しい更新。
最近毎週旅行に行ったり、仕事は多忙だったりでなまけぎみ。
なのに訪問してくれている方々もいるので、頑張って美味しい写真アップします!
(レポートとしては・・・ちょっとの手抜きはご勘弁


熱海に来たので海鮮ランチ。
DSCF2044.jpg

母と熱海にやってきましたので、まず海鮮。
熱海有名な蒸しパンを買ってから向かうはまさる
(↑蒸しパンのお話はまたあとで

調べて来たんじゃなかったら、おそらく入ることはなかったであろう店構え。
結構勇気いるよね、旅行先でのこういうお店への入店。。。


▼目玉メニューの海鮮丼
DSCF2038.jpg

マグロ丼とか、鯵丼とかあったけど、やっぱりまとめて海鮮丼
(いくら丼とウニ丼は論外。いくらとウニ苦手~

ボタン海老、マグロ、タコ、イカ、鯵、ウニ、いくらがどっさりわかめや海藻系の緑色もあるから彩りもキレイ。


▼でっかりボタン海老ちゃん。
DSCF2042.jpg

目立ってるね、えびちゃん。
身を食べたあとはアタマをちゅ~っと吸うとミソが出てくるよって、
お店のオバちゃんが教えてくれた。
まさるのオバちゃん、めちゃフレンドリーでおもしろい!
母と娘なのに、私が会計に行った時、

「お2人似てるわね~、どういう関係?姉妹?」

だって(笑)
うちのお母さんが喜んでますから!


▼本日のお魚の煮付けは『赤魚』。
DSCF2043.jpg

赤魚って知らなかったけど、金目鯛みたいな白身のおさかな。
ちょっと濃い目な甘めのお味で、いつもは好まない白いごはんも久々に
おいしくいただける

白身魚のこういう煮付けは結構すきだ◎



旅行先でのおいしいお店って、ノリで決めるのはちょっと賭けなので、
最近は下調べばっちりで臨む。
(でも私はO型。)

海鮮丼は2,000円、お魚の煮付けは1,160円。
まずは満足な海鮮ランチから、母とのリフレッシュな贅沢旅行のはじまり



~贅沢ATAMI旅行の予告~

お泊りは奮発して『ホテル ミクラス』のスーべりアルーム。
アメニティはロクシタン、ひろび~ろな展望露天風呂からは熱海の海が一望。
楽しみのディナーは『アンチエイジングディナー』と銘打ったフレンチベースのフルコース。

おたのしみに



『でっかいえびちゃん海鮮丼にいくらはいらんっ
なあなた、クリックお願いします★

HOTEL MYSTAYS@御茶ノ水

 » CATEGORY:@熱海 » CO:0 » TB:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。