*告知や広告・ランキングバナー等に(変更&削除はHTML編集で直接出来ます)*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

軽井沢のおいしい空気とおいしいパンと。農工房 銀亭 @軽井沢


おいしいグルメblogランキングへコチラ


農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

以前軽井沢に来た時に、お友達に連れてってもらった銀亭。
一戸建てのひろびろパン屋さんはいつも駐車場がいっぱいで、
店内も活気があって気持ちがいい。


▼こういう感じのパン屋さん大好き。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

こぎれいな外観がすごく軽井沢に合ってる。
こんなパン屋さんが東京にもいっぱいあったら素敵だなぁ。
桜新町のブロードハイムがこんな感じかな。


▼店内の中心にあるパンパンパン。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

焼きたてのパンは結構頻繁に出てくるけど、棚には結構空きが目立つ。
それだけ人がいっぱい押し寄せてくるってことね。


▼地元の採れたてお野菜も。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

大根でかっ!
他にも茄子とかトマトとか、毎日10時くらいに届けられてるみたい。
こういうのもなんかイイよね。


▼こんなパンを買ってみた。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

食パンとか金時パン、くるみパン、ブルーベリー×クリームチーズなど。


▼ちっちゃいブルーベリーがいっぱい入っておいしい。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

プチプチと入っているブルーベリー。
甘めのクリームチーズとも合ってすごい好き


▼めちゃデカイ金時豆がどっさり!
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

びっくりするくらいでかいお豆さん。
じっくり時間をかけて煮込んだやさしいお味のお豆さん。
大きいのもいいけど、もう少し小さい方が食べやすくて助かります(笑)

うーん、他にもフランスパンとかサンドイッチとか焼き菓子とか、
まだまだ買いたいものあったけど、キリがないからやめといた。
また来年の夏の楽しみとしてとっておこう◎


▼パンつながりで、軽井沢で買った「ぷりんジャム」
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

これ、前も気になってたのよ、プリンジャム。
みかけが完全にプリン。
だけどジャム。
600円くらいして高めだけど、今回は買ってみた。

帰ってから銀亭の食パンにつけて食べたら、ほんとプリン!
カラメルも一緒にからめるとまさに。


▼その後は白糸の滝でマイナスイオン100%
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

いや~、ただでさえ涼しい軽井沢だけど、滝の近くはさらにひんやりで気持ちいい。
マイナスイオンをここぞとばかりに吸収。


▼「白糸の滝」というお名前の由来はここから。
農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

流れ落ちる滝が、まるで糸のように細いところから、白糸の滝なんだとさ。
たしかにほっそいわ。
動く水を見ていると飽きないのはなんでだろう。
いいわ~、滝。


そんなこんなで、夏の軽井沢旅行はこれにて終了。
あまりに暑かった東京の2007年夏
軽井沢はひんやりつめたい空気が本当に気持ちよかった。
だからこそ食べ物もおいしいのよね。
また来年もドライブで来なきゃ。


『ひんやり空気とおいしい食べ物は軽井沢
なあなた、クリックお願いします★

農工房 銀亭(しろがねてい) @軽井沢

スポンサーサイト
 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:2 » TB:0 

一日の始まりはイチバンの楽しみ「朝食」から。ルミエール@ホテルマロウド軽井沢

おいしいグルメblogランキングへコチラ

ホテルマロウド軽井沢の爽やかなブレックファースト

大好きな朝ごはん。
旅行先での朝ごはんはまた格別。
ホテルのビュッフェが好きなのもあるけど、基本的に私の好きな食べ物は全て朝ごはんに揃う。

パンとか、たまごとか、チーズとか。

これで満足してしまう朝食ラバーなワタシ。
サラダもいいけどひとまずパン中心に私の朝ごはんが構成される。

▼こんな朝ごはんメニューが私の幸福。
ホテルマロウド軽井沢の爽やかなブレックファースト

オムレツをその場で作ってくれるのもいいけど、とろとろのスクランブルエッグも好き。


▼あとはふっくらゆでて、しゃきっと焼いたソーセージもイイ。
ホテルマロウド軽井沢の爽やかなブレックファースト

とうもろこしも普段はあまり選ばないけど、黄色がきれいでとってみた。
もちろん甘くてオイシイ。


▼大好きなパンいろいろ。
DSCF1854.jpg

アップルパイとかクロワッサンとか、ナッツやレーズンが入ったパンとか。
ホテルでの朝ごはんのパンはデニッシュ系がハズレなくおいしいことが多いけど、
本当はふつーのノーマルなパンがめっちゃ感動的なおいしさだったりするともっとイイ。
残念ながらあまり出会った事がないんだけども。

ちょっと東京でも出社前にホテルのブレックファースト通うかな

ちなみに、東京ホテルの朝ごはんでおいしいパンが出てくるのは、
五反田のホテルアリエッタ。
ここはパン屋さん併設だから、おいしくて当たり前なんだけど、
パン好きにはうれしすぎる朝食サービスなのです



朝ごはんのあとは、車でブブンとドライブへ
軽井沢の気になるパン屋にもわざわざ行ってみたり。

軽井沢話にもう少しお付き合いくださいまし


『ランチもディナーも朝ごはんが食べたい
なあなた、クリックお願いします★

ホテルマロウド軽井沢の爽やかなブレックファースト


 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:0 » TB:0 

ホテル滞在の楽しみは、フルコースディナー。ルミエール@ホテルマロウド軽井沢

おいしいグルメblogランキングへコチラ

ルミエール @軽井沢ホテルマロウド内)

お楽しみの旅行のディナーはフレンチフルコース
ルミエールのフレンチ目当てで来る宿泊者もいるそうな。


予約した時間にレストランに行くと、余裕のある大きさのテーブルへ案内してくれる。
飲み物は別料金だけど、頼まないでお水だけでも大丈夫。
フレンチでビール飲むのもなんだし、連れがあんまり飲まないから付き合ってお水で。


▼魚介のマリネと夏サラダのマリアージュ
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)</

今日は真鯛。
ちょっと厚めの真鯛はマスタードがちょびっと効いたお味。
と彩りもきれい。


▼パイ仕立てのフォアグラ、茄子とリードヴォー
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)</

ソテーされたフォアグラや、フリットのナス、リードヴォーの下にはパイが。
全部おいしい
リードヴォーもたぶん認識して食べたのははじめてだったけど、
口の中で溶ける感じにやわらか。
全体的に少し油っぽさが強かったけど、少量なので全部ぺろりん。


▼地場トマトのガスパチョ
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)

器がすごく涼しげでガスパチョの赤もキレイ
中には氷水が入ってるから、最後まで冷たくいただける心遣いがうれしい。
でもわたし、トマトジュースとかガスパチョとかあまり好きな類ではないので、
ぜんぶ食べれなかったけど、トマト好きな連れはおいしそうに食べてた。


▼旬のスズキ きのこ詰めヴァプール、ピスタチオのフォンダンを添えて
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)

アイスクリームみたいにのっかってるのがピスタチオのフォン段。
ふわっとして少し甘くておいしい
スズキも身がやわらかで、表面は香ばしく焼かれていておいしい。
でも下にあるネギ的なものがなんかよくわからなかったけど、少しクセがある感じ。


▼オマール海老のソテー、黒米の焼きリゾット添え
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)

殻ごとダイナミックに出てくるのかと思ったけど、身だけで
お出まし。
そのため見た目的にはちょっとさみしい感じがしたけど、
さすがオマール海老、身はぷりっぷり
いや~、これは絶対に殻に盛り付けられたほうがおいしく感じる。
(↑安っいコメント)


▼軽井沢ブルーベリーのスフレグラッセ
ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)

思いがけず結構なボリューム。
ぐるぐるしてるのはメレンゲで、口に入れるとくしゃっととける。
ブルーベリーのスフレは甘い。
デザートだから甘いのは当たり前なんだけど、このフルコースの後に、
この量のこの甘さのデザートはちょっとキツイ


全体的にはサービスの方々もよく気がつくし、お水やパンもこまめにくれて、
さすがホテルのレストランといった感じ。
お料理もそこそこ美味しいんだけど、わざわざ軽井沢まで来る理由にはならないかなぁ。
舌足らずな小娘が言うのもなんだけどね

でも、5000円の宿泊でこのフルコースが付いているのはすばらしいわ。


『ホテルディナーはらくちん&豪華
なあなた、クリックお願いします★

ルミエール @軽井沢(ホテルマロウド内)

 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:0 » TB:0 

8月の軽井沢ですずし~いだらりんステイ。ホテルマロウド軽井沢

おいしいグルメblogランキングへコチラ

ホテルマロウド軽井沢 @軽井沢

今回のお泊りはこちら。
会社の関係で安く泊まれるホテルマロウド軽井沢
なんと1泊2食付で5000円!!!

その5000円でどんなホテルに泊まれてどんなお料理がいただけるかというと・・・


まあ、ひとまずホテルのエントランスに入ってみようではないか


▼車をおいてエントランスへ向かう。
ホテルマロウド軽井沢

エントランスまでなが~いぞ。
このなが~い道はすごくきれい。


▼入り口を入るとひろーい空間が広がる。
ホテルマロウド軽井沢

でっかいお花が飾られていたり、その奥には巨大プロジェクターがあって、
海とか自然の映像を流していたり。


▼あとはこんな喫茶スペースも。
ホテルマロウド軽井沢

ひとまず思ったよりも広くてワクワク。


・・・そしてお部屋は。


▼ベットはふたつ。
ホテルマロウド軽井沢

今回の旅は3人。なのでひとつ足りない・・・と、思ったら。


▼こちらには6畳くらいの和室。
ホテルマロウド軽井沢

あ~、なるほど。
わたしはこっちで布団ってわけね。
(くぅっ

▼テレビの横にはぼんやりやさしい光のライト。
ホテルマロウド軽井沢



▼アメニティはこんなかんじ。
ホテルマロウド軽井沢

東京ホテルでもよくみかけるこのアメニティ。
シャンプーの泡立ちが結構よくて好き。


お部屋はたっぷりの広さで、ソファやベットでテレビをみながらくつろぐ。
夕食後にはシャンパングラスをお借りして乾杯したり、
旧軽銀座で買ったチーズをつまんだり。

パジャマも浴衣ではなくて着心地のよい前にボタンがあるタイプ。
わたし、浴衣好きじゃないからそれはウレシイ


さて、くつろぎタイムもそこそこに、そろそろ夕食の時間。
評判のフレンチフルコース
この食事だけで宿泊代金の5000円は軽く超えているだろうに・・・
こういうときは会社に感謝


さて、フレンチディナーの巻はまた後ほど


『リゾート軽井沢は別荘もいいけどホテルも良い
なあなた、クリックお願いします★

ホテルマロウド軽井沢


 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:1 » TB:0 

軽井沢のTOP3蕎麦屋(?)のまったり胡桃だれそば。きりさと@軽井沢

おいしいグルメblogランキングへコチラ

きりさと軽井沢

ずいぶん間があいてしまったけど、そういえば軽井沢に行ったのだよ。
こないだの素敵な野菜PIZZA『エンボカ』さんの記事に引き続き
軽井沢グルメをもうひとつ。

軽井沢駅から車だったらちょちょいと行ける距離にあるお蕎麦屋さん。
夕食はフレンチだからお昼はソバでしょう、と「タビリエ」を見ながらこちらをチョイス。


▼玄関も広々で蕎麦屋らしからぬテラス席も。
きりさと @軽井沢

大きな通りに面しているので、きょろきょろしながら車を走らせてたらすぐに見つかる。
このたたずまいがなんか好きだ。
なんつーの。平屋??
ひらべったい感じが好き(←ちょっと変。)


▼店内の雰囲気も清潔感あって、インテリアもこじゃれた和風。
きりさと @軽井沢

ライトに麻編みのカバーがしてあったり、
トイレや厨房への通路にある暖簾もなんか軽やかな和でいいね。
こういう昔ながらにこだわらずに、ちょっと頑張っているお店ってすごい好き。


▼「タビリエ」に書いてあったくるみダレ蕎麦をオーダー。
きりさと @軽井沢

つけダレにくるみペーストが入っていて、そこにつゆを注いで溶く。
クルミの香ばしさとまったりした感じがお蕎麦にプラス。


▼そのままノーマルつゆにつけてもモチロンおいしい。
きりさと @軽井沢

くるみダレもいいけど、そのままさっぱりめんつゆでいただくのもイイね。
蕎麦も東京の安っすい蕎麦屋みたいなへにょへにょなんかではないし、
歯ごたえがあってとってもおいしい


メニューに「蕎麦だんご」とあったのがめちゃ気になる・・・
串にささったみたらしだんごみたいな感じらしい。
食べたいけども、すでにおなかいっぱいで断念。
もう少しいっぱい食べれる人だったらよかった、ワタシ。


そしてこの後は、軽井沢のアウトレットでお買い物だらけ


『お蕎麦は旅行先に限る
なあなた、クリックお願いします★

きりさと @軽井沢



 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:0 » TB:0 

避暑地の森の中で絶品窯焼きPIZZA。エンボカ@軽井沢

エンボカ 軽井沢 (en boca) (イタリアン / 中軽井沢)
★★★★★ 5.0



おいしいグルメblogランキングへコチラ

enboca(エンボカ)@軽井沢

軽井沢へ避暑にやってきたら、こちらはなんとも涼しい。
快適なドライブをしながら向かうは、軽井沢で評判のPIZZAのお店。
「エンボカ」はふつーの道路から一本入ったところにある、すごく分かりにくいお店。
だけど、軽井沢に来たら絶対に行くという人も多いらしいという人気。

今日も前もってしっかり予約をしてからご来店。


▼入り口にはenbocaのロゴが入った看板が。
エンボカ@軽井沢

もう完全に森の中ってかんじ。


▼お店の前には野菜がずらっと並んでいて、もちろん販売してる。
エンボカ@軽井沢

なすとかかぼちゃとか美味しそうだった。
お客さんが帰りがけに手にとって購入している姿もちらほら。


▼店内には石窯がどーんと。
エンボカ@軽井沢

もちろん薪で焚いているちゃんとした窯焼きPIZZA。
空気がおいしい軽井沢だと、さらに窯焼き料理が魅力に感じる。
自然ってやっぱりいいね。


▼カウンター席もあって、窓は全面ガラス張り。
エンボカ@軽井沢

外の緑が店内のインテリアみたいにすごくきれいに映えてる。
緑の季節に来てよかった~◎


・・・と、おなかもすいてきたのでメニューへ。

もちろんPIZZAをオーダー。
ハーフ&ハーフができるので、3人で2枚を頼んで4種類のPIZZAを楽しむ。


▼レンコンのPIZZA
エンボカ@軽井沢


思いがけずレンコンがぎっしり!
下にはジェノベーゼソース。
そしてこんがりとほっくり焼けた松の実がアクセントでおいしい。

メインのレンコンはシャキッシャキですごい食感。
ピザでレンコンってはじめてだけど、こんなにおいしいなんて


▼季節のアスパラのPIZZA
エンボカ@軽井沢

こちらもシャキシャキのアスパラがめちゃおいしい
そして緑と白がすごくきれい。
茎に近い太いところは小さく切ってあって、上のやわらかいところは
そのままおおぶりでのっかってる。
そしてその上にはモッツァレラ。

ベースはアンチョビソースで、これがまたアスパラの淡白なお味に
良く合うんだけど、アンチョビ嫌いの私でも大丈夫なくらい臭くない。
なんかアンチョビおいしいって初めて思えた。


▼ハモンセラーノとルッコラのPIZZA
エンボカ@軽井沢

生ハムたっぷり~♪
すごく味が濃い生ハムと、緑の味がするルッコラはワインがほしくなる・・・


▼クワトロフォルマッジ
エンボカ@軽井沢

これめっちゃチーズが濃厚でおいしい

焼きたてはチーズがとろり~んと落ちてきちゃう。
エンボカ@軽井沢

チーズがたっぷりだから、持ち上げるとその重さでだらっとたれちゃう~。
そこをすかさずパクッと食べる。

これは焼きたてが最高!
ためらってないで、どんどん食べたが勝ちなPIZZA。
はちみつかけても美味しいだろうなぁ。



にしても、3人で2枚でおなかいっぱい。
具がたくさんだったからかな。
あとエンボカのピザは生地がすごく好み
ナポリ風ですこし厚めの耳はしっかりふわっとしてて、
焦げ具合も丁度よくて本当においしい。
評判なのもよくわかる。

軽井沢に行く人はぜひぜひエンボカへ予約して行ってちょうだい。



『軽井沢の好評PIZZAは森の中
なあなた、クリックお願いします★

エンボカ@軽井沢

 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:0 » TB:0 

素敵パンのおいしい香りにクラ~ 軽井沢 『銀亭(しろがねてい)』

スレッド:パン // ジャンル:グルメ

爽やかな軽井沢のパン屋『銀亭』


sirogane.jpg

(写真提供・まちゃさん)

さすが軽井沢。パン屋もでかい。
天井も高いし、駐車場もでかい。

ログハウス調の外観が既に美味しいパンを連想させる。


店内に入った瞬間からもうワクワクして仕方ない。
見渡す限りに美味しそうなパンが・・・


あぁ、もうっ。

全部食べたいっ!!



食べてみたのは

・クロワッサン
・カマンベールチーズパン


いや、クロワッサンの形めちゃイイっ!!
もちろんサクッサク。
朝ごはんにクロワッサンのバターの香りでのんびりタイム。
・・・最高すぎる。

クリームチーズ状のカマンベールはたーっぷり入っていてずっしり重い。
クルミとチーズはやっぱりよく合うんだよなぁ。
これで赤ワインがあれば・・・

・・・ちがうちがう! まだ朝だよ。 およよ。

他にもね、

麦こがしのメロンパン(めっちゃ気になる!)
全粒粉のクロワッサン(こぶりでぎゅっと凝縮してる感じ)
クルミぱん     (くるみパンがおいしい店はたいていウマイ)
クロワッサン・ザマンド(やっぱりコレははずせない)
いろんなパンのフレンチトースト


あーーー。
気軽に軽井沢なんていけないのが悔しい。
近所にあったら毎朝、朝ごはん用に焼きたてパンを買いに行くのにぃ。


こういうパン屋さんに出会うと、やっぱりパン屋さんになりたい。
って思ってしまうよ。
(実は昔、本気でパン屋の道を目指した)

いつも焼きたてパンの香りに囲まれて暮らせたらなんて幸福なんだろう。
パン屋の不思議なチカラに、この頃すっかり魅せられている。


 農工房 銀亭(しろがねてい)
●長野県北佐久郡軽井沢町長倉2955-6
●0267-44-3203
●定休日:水曜日
●営業時間:7:30~19:00



egg1.jpg
 » CATEGORY:@軽井沢 » CO:0 » TB:0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。