*告知や広告・ランキングバナー等に(変更&削除はHTML編集で直接出来ます)*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 » CATEGORY:スポンサー広告 » CO:- » TB:- 

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://deliyuu.blog59.fc2.com/tb.php/422-0cc648ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

パン屋の王様?! Zopf (ツオップ)@松戸/北小金

Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

ずっと行きたかったパン屋さんのひとつ、ツオップ。
以前日本橋高島屋の催事で初体験したパン屋さん。
なかなか行けない理由は、めっちゃ遠いから。
練馬から松戸が遠いのはもちろん、最寄り駅からも遠いので、
車じゃないと絶対行けない!

そんなある日、千葉の勝浦への旅行ついでに、
朝ごはんを松戸によって食べよう!と思いつき初訪問。


10月のとある日曜日、朝6時すぎに練馬を出発し、
特に迷わず7時すぎに到着。
7時半に予約を入れてたので、すんなり席へ。

ところでびっくりしたのは、駐車場にはりつきのオジサンがいること。
駐車場も20台以上入りそうな大きさで驚き。
次から次へ車が入ったり出たり。
すげーよ、ツォップ。


■レストランの入り口。
Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

パンだらけ朝ごはんが食べれるのは2階で。


■店内は朝なのに薄暗い
Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

カウンター席とテーブル席。
全部で25席くらいかなぁ。

カウンターにはすでにパンがたっぷり並んでいる。
テンションあがるっ!!


■メニュー表。
Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

こんなにもわたしを興奮させてくれるメニュー表が他にあるだろうか(笑)
朝ごはんメニューもいろいろで、私達は「しっかり朝食」と「パン屋の朝食」をオーダー。
「ゆっくり朝食」もめっちゃ気になる。
かなりのボリュームだろうな。


■パン屋の朝食。
Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

パンがどっさり!!
これ以上ない幸せな食卓。


Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)
好みのフィリングを3種類選べる。
わたしは、王様のジャム・豚のリエット・ブルーベリークリームチーズの3種。
3種類じゃ足らない!!

中でも豚のリエットがすごく美味しかった。
フランスパンにたっぷりのっけて食べると、今にもワインがほしくなるおいしさ。
これ、1階でもテイクアウトで売ってた。



■しっかり朝食。
Backstube Zopf(ツォップ) @松戸(北小金)

卵料理を選べるので、きのこのとろとろオムレツをチョイス。
あとはサラダとスープがついてボリュームたっぷり。


どっちのメニューもドリンク付。
そのドリンクも色々選べて、ふつーにコーヒーもあるし、
ロイヤルミルクティーとか、スパークリングジュースみたいのまで。
単品だと550円とかするドリンクまで選べるのがうれしい◎



食べきれなかったパンは袋をくれるので、それに入れてお持ち帰りもOK。
食事系のパンはもちろん、デニッシュ系の甘いパンや、ベーグルも。
最初はこんなに食べれない~と思ったけど、
結構パクパク食べれちゃってほぼ完食。

これで950円。
心にもおなかにも満足すぎる朝食。


おなかいっぱいで1階のベーカリーに向かうのでした。

つづく。



Zopf (ツオップ) (パン / 北小金)
★★★★★ 4.5

スポンサーサイト
 » CATEGORY:■トレンド飲食店■ » CO:0 » TB:0 

COMMENT

NAME
SUBJECT
BLOG/HP
PASSWORD
COMMENT
SECRET ※非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい ⇒ 
(SUBMIT:送信)

TRACKBACK

パン屋の王様?! Zopf (ツオップ)@松戸/北小金 のトラックバックアドレス
http://deliyuu.blog59.fc2.com/tb.php/422-0cc648ef
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。